ヨガグッズ

ヨガマットの折りたたみ式のメリット/デメリット

更新日:

ヨガを快適に楽しんでいくために必需品となるのがヨガマットです。

スタジオによってはレンタルできるところもありますが、自分のヨガマットがあると衛生的にも安心ですし、モチベーションも上がりますよね。

そうはいっても、「ヨガマットって結構大きくてかさばるし、持ち運びが面倒…」という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は持ち運びに便利な“折りたたみ式のヨガマット”を紹介します。

ヨガマットの折りたたみ式のメリット

まずは、折りたたみ式のメリットについてお伝えしていきます。

折りたたみ式のメリット
  • 持ち運びが簡単にできる
  • 軽い
  • サイズの調整がしやすい

折りたたみ式の最大のメリットは何といっても持ち運びのしやすさ

ヨガマットの大きさは標準的なもので、長さ約170~180cm、幅約60cmほどです。

結構大きいですよね!

折りたたみ式のヨガマットは折り目が付いており、簡単に折りたためるようになっています。

縦30cm、横30cm前後まで折りたたむことができるので、少し大きめのカバンやトートバックにならすっぽり入ってしまいます。

たたんだときの厚み5~7cm程度なので、そんなにかさばることもありません。

あとは、折り目が付いているので、狭い場所でも簡単に折ってサイズ調整ができたり、折り目をポーズをとるときの目印にできたりするのもちょっと嬉しいポイントです。

ヨガマットの折りたたみ式のデメリット

次に、折りたたみ式のデメリットについてお伝えします。

折りたたみ式のデメリット
  • 種類が少ない
  • 薄めのものが多い
  • 折り目が付いている

やはり、通常のマットに比べるとデザインや素材の種類が少ないようです。

デザインや素材にこだわる方にとっては、少し物足りなく感じるかもしれません。

また、“折りたたむ”ことを前提として作られているので、厚さは薄めのものが多いです。

ヨガを行うのにほとんど問題のない厚さではありますが、クッション性や安定感を求める方にはあまり適さないかもしれません。

あとは、ポーズをとる際に折り目の部分が浮いてきて気になる、使用するうちに折り目の部分が毛羽立ってくるのが気になるという声もあるようです。

ヨガマットの質や使用感、値段に関しては、通常のヨガマットと差はないので、そこは安心してくださいね。

折りたたみ式ヨガマットの選び方

折りたたみ式ヨガマットの選び方は通常のヨガマットの選び方とほとんど変わりません。

ヨガマットを購入する際に、特に見ておきたいポイントは次の3つです。

ポイント

・厚み

・素材

・価格

厚みについて

【1~3mm】

薄手で軽く、持ち運びするのによい厚さです。

安定するのでバランス系のポーズはとりやすいというメリットがあります。

その反面、薄いのでクッション性は低く、ポーズをとったときに痛みを感じることもあります。

 

【4~6mm】

適度なクッション性があるので、どんなポーズにも対応することができるバランスの良い厚さです。

ヨガに慣れてくると徐々に自分の好みの厚さができてくると思いますが、初めてヨガマットを購入する方は4~6mmのものがおすすめです。

 

【7mm~】

クッション性が高いので、骨や関節に負担がかかりにくいというメリットがあります。

ただ、持ち運びには向かないので、折りたたみ式のものは少ないです。

素材について

ヨガマットの素材としては、ポリ塩化ビニール(PVC)、エチレンビニールアセヒート(EVA)、天然ゴム(ナチュラルラバー)などがあります。

ヨガを行っている間ずっと体に触れるものなので、素材についてもしっかり確認しておきましょう。

 

【ポリ塩化ビニール(PVC)】

最も代表的な素材がPVCで、多くのヨガマットに使用されています。

価格が安く、耐久性にも優れているので、初めて購入する方にはおすすめです。

一方で、水洗いできないものが多い、汗で滑りやすくなるなどのデメリットもあります。

 

【エチレンビニールアセヒート(EVA)】

PVCに比べ価格は高くなりますが、軽くて水にも強い素材です。

クッション性、グリップ性ともに高い優秀な素材です。

 

【天然ゴム(ナチュラルラバー)】

こちらもPVCに比べると価格は高くなりますが、グリップ力、安定性、弾力性ともに優れています。

他の素材に比べ重量があります。

本格的にヨガをする方におすすめです。

価格について

ヨガマットの価格は素材やブランドによって様々です。

ヨガを続けているうちに自分に合うものがわかってきますので、最初はお手頃なものを購入して様子を見ることをおすすめします。

こだわりが出てきたら、選択肢を広げて自分にぴったりのものを探しましょう。

おすすめの折りたたみ式ヨガマット

ここで、おすすめの折りたたみ式ヨガマットを3つ紹介します。

購入する際の参考にしてみてくださいね。

■PURE RISE折りたたみヨガマット

https://www.amazon.co.jp/dp/B00RGA03Q8/

サイズ:173cm×61cm、厚さ4mm

折りたたみ時のサイズ:31cm×25cm、厚さ6cm

重量:800g

素材:PVC

値段がお手頃で、カラーも豊富です。

800gの超軽量で持ち運びにとても便利です。

水に強い素材ではありますが、汗をかくと滑りやすくなるとの声もあるのでヨガラグなどと併用するとよいかもしれません。

■RIORES 折りたたみヨガマット

https://www.amazon.co.jp/dp/B0747DQYXG/

サイズ:173cm×61cm、厚さ5mm

折りたたみ時のサイズ:30cm×25cm、厚さ7cm

重量:900g

素材:PVC

程よい厚さでクッション性があります。

カビやダニの発生が少なく、滑りにくい素材が使用されています。

値段もお手頃でしっかりしたマットなので、初心者の方におすすめです。

■CORCOPI(コルコピ) ヨガマット

https://www.amazon.co.jp/dp/B07D4BTF4C/

サイズ:183cm×61cm、厚さ6mm

折りたたみ時のサイズ:30cm×26cm、厚さ13cm

重量:1255g

素材:PVC

大きめのマットでゆったり使いたい方におすすめです。

厚みもグリップ力も十分にあるので、床の痛みを気にせずポーズに集中することができます。

リバーシブルになっていて両面デザインを楽しめるところや、専用のトートバックがついてくるところも嬉しいポイントですね。

まとめ

ヨガマットは種類もデザインも豊富にあるので、迷ってしまいますよね。

ヨガへ行くときは着替えや水分など荷物が多くなってしまいがちなので、折りたたみ式のヨガマットはおすすめです。

ぜひ折りたたみ式のヨガマットを選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

自分にぴったりのマットを見つけて、快適なヨガを楽しみましょう!

-ヨガグッズ

Copyright© ホットヨガstyle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.