ヨガその他

ボルダリングヨガとは?正しいやり方を知って効果を高めよう!

更新日:

みなさんはボルダリングを行ったことありますか?

ボルダリングとは、クライミングの一種であり、最低限の道具で岩や人工の壁面などを登るスポーツです。

「ボルダー」と呼ばれる巨大な石っころを登って楽しみます。

筋力や柔軟性も必要とするスポーツの一つです。

「○○×ヨガ」をいったように、他のスポーツとヨガを融合されることでパフォーマンス効果もあり、流行ってきています。

そんなボルダリングとヨガが融合しているボルダリングヨガの実態に迫っていきましょう。

ボルダリングヨガとは?

日本のクライミングジムに行くと、人工的に作られた岩をよじ登っていくイメージがありますが、アメリカのクライミングジムに行くとハーネスやシューズなどの用具と一緒にヨガマットを置いているジムがあります。

つまり、ボルダリングとヨガをセットに行っている施設が多く存在しています。

それくらいボルダリングとヨガは、相乗効果があり、ボルダリングに必要な技術やしなやかさがヨガには必要で、ボルダリングのレベルアップにもつながっていきます。

ヨガはバランス力、体幹が必要であり、ボルダリングにも共通する部分があるのです。

また、ヨガでは柔軟性や普段使いなれていない筋肉を使うことで、ボルダリングの能力も高めてくれます。

ボルダリングの壁を登ったり、ヨガのポーズを行ったりと、ボルダリングにヨガの要素を組み入れることで「ボルダリングヨガ」が完成します。

そんなボルダリングヨガを提案するのは、菊田敬祐先生です。

ボルダリングに必要な股関節と肩甲骨の柔軟性に特化したヨガであり、まずは呼吸を整えてから、肩まわりと下半身を重点的にほぐしていきます。

そしてレッスン中盤以降はウォールを使って、ボルダヨガのアレンジポーズを行っていきます。

ボルダリングという不安定な状態でポーズをとることで体幹が鍛えられ、ボルダリングはもちろん、ヨガの上達にもつながっていきます。

ボルダリングヨガの効果

では、ボルダリングヨガを行うことでどんなメリットがあるのでしょうか。

まずはボルダリングの身体への効果からご紹介します。

・筋肉がつき身体が引き締まる

・柔軟性がつく

・集中力アップにつながる

このようなメリットがあります。

そして、ヨガを組み合わせることでさらにプラスされるのが。

・しなやかに動ける

・呼吸が深まる

・股関節や肩甲骨の柔軟性がアップする

上記のような効果がさらに期待されます!

これはヨガ単体やボルダリング単体で行うよりも組み合わせることでより柔軟に、そして集中力や運動後のリラックス効果へとつながっていきます。

またボルダリングを使ったヨガだけでなく、ボルダリングを行う前にヨガの呼吸~ポーズを行うことでも期待が持てます。

ですので、ボルダリングをウォールを使ってポーズを取るのが始めは難しい場合には、ヨガを行ってからボルダリングを行うだけでもボルダリングのパフォーマンス向上にもつながっていくはずでしょう。

ボルダリングヨガのやり方

まずはボルダリングの動きを覚えることが大切です。

ボルダリングジムにいくと、壁にたくさんの石がくっついていますが、これを「ホールド」と呼びます。

そして、ボルダリングとはこのホールドを使って壁(ウォール)をよじ登っていくスポーツです。

壁に近づいていくと、一つ一つのホールドには数字や■・△などの記号、そしてSやGといったアルファベットが書かれています。

「S」はスタート、「G」がゴールを意味しています。

そしてルールとして、同じ色または同じ記号が書かれたものだけをつかんで登ることです。

例えば、「1S」からスタートすると「1G」を目指していく中で「1」と書かれたホールドだけをつかんで登っていきます。

これがボルダリングのルールです。

そして、ボルダリングヨガはこのボルダリングの中でヨガのポーズを取ったり身体をしなやかにしていきます。

ボルダリングヨガにおすすめのポーズ

さぁ、ではボルタリングと組み合わせてヨガのポーズを取っていきます。

ポーズを行う際は、いきなり動くのではなくまずは通常のボルタリングで身体を慣らしてから、ヨガで呼吸を整えてから行っていきましょう。

【ダウンドック】

1.壁の前に立ち、目の前のホールドをつかみます

2.壁に足を近づけて、息を吐きながら腕をまっすぐ伸ばす

3.目線はおへそをのぞきこみ、頭を下げて背中をスーッと伸ばす

これがボルダリングで行うダウンドックです。

ウォールを使うことで、肩甲骨や背骨を伸ばす効果がアップします。

また、慣れてくると地面ではなくウォールによじ登って、このダウンドックポーズを行っていくのも良いかもしれませんね。

ボルダリングヨガでは普段伸びにくい箇所や、自分では伸ばせない部分を、ボルダリングと融合することで心地よく伸ばすことにつながっていきます。

ボルダリングヨガに参加した人の感想

ボルダリングヨガを行った人は、ボルダリングをやっていてさらに融合という形でボルダリングヨガを行う方。

逆にヨガをやっていて、ボルダリングに興味を持ってボルダリングヨガを行う方。

さまざまだとは思います。

・ボルダリングとヨガは似ている部分がある

・”今”この瞬間ということに集中ができ、集中力アップやリフレッシュになる

・ボルダリングにプラスαでヨガを行えることは一石二鳥で、道具もとくに必要ない

・どちらか片方だけを行うよりも身体の柔軟性や筋力がアップしてきた

などと、相乗効果が期待できる感想が多々です。

おわりに

このようにヨガだけでなく、ヨガと何かを組み合わせるスポーツが最近は多く取り上げられています。

もちろんヨガを行うことで心身ともに自分を高めることにつながりますが、ボルダリングのように、ボルダリング効果を上げるためにもヨガを取り入れることできっと身体は動きやすく、心身のバランスが取れるようになってくれるでしょう。

皆様の身近なスポーツでもヨガと融合することでより効果がアップするものもあるかもしれません。

是非、さまざまなスポーツや道具などと一緒にヨガを楽しんでみてください。

-ヨガその他

Copyright© ホットヨガstyle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.