ヨガその他

ビールヨガとは?やり方や効果を解説!参加者の感想は?

更新日:

さあ、いろんなヨガをご紹介させていただいてますが次はなんとビールヨガです!

ビールヨガ?!わたしも初めて聞いたときはびっくりしました!

だって、ビールですよ!?

お酒飲んで運動(ヨガ)しちゃって良いんですか?って思います。

正直、なんでもありな世界にもなってきてますね。笑

ビールヨガとは?

ビールヨガはビール大国のドイツが発祥と言われており、ビールを飲みながら行うヨガです。

2015年にビールとヨガが好きな若者が始めたと言われており、とても最近ですね。

ビールもヨガも人と人を”つなぎ”心と身体をリラックスさせてくれるものとして融合されています。

そんな2つが組み合わさることで、さらに幸せが生まれ、今までにない幸福感を得ることができると考えられたそうです。

たしかにビール好きにはもってこいですね。笑

もちろん飲酒可能年齢に達していることが前提です。

ビールヨガはビール大国のドイツや、スイス・オーストラリア・チリなどで次第に行われています。

ビールヨガの効果

ビールヨガはビールを飲みつつ、リラックスしながらヨガを行えることが何よりも魅力です。

ヨガ×ビールが組み合わさることで相乗効果が期待できます。

そして、ビール瓶が実は非常に有効的なのです。

ヨガでは心と身体を集中し、意識を内側に向けていきますがバランスも大切になってきます。

ビール瓶を持ったり、身体に置いていくことでビール瓶を倒さないようにと自然とバランスの力も備わり、集中力アップにつながります。

余談ですが、ビールがあればワインヨガやほかのアルコールもあるの?と思いますがそれはないようです。

ビールももちろん飲みすぎには注意ですが、アルコール度数の高いお酒ですと血圧上昇や健康被害を及ぼす場合もあるので、ビールが最適だったのかもしれませんね。

さらにビール瓶がバランスを取ったり、重量面でも丁度いいものだったのでしょう。

わたしも少し、ビール瓶を持ってポーズをとってみましたが意外と難しいです。

瓶を持っている手に負担がかかり、指先にまで神経を使ってしまいます。

簡単なポーズでもビール瓶を持つだけでこれほどにも違ってくるんだと実感しました。

ビールヨガのポーズ

では、ビール瓶片手にポーズを取っていきましょう。

ビールヨガはとっても簡単です。

通常のヨガにビール瓶をプラスすればOKです!

例えば、「立ち木のポーズ」

いつもの立ち木のポーズにビール瓶をプラスして、頭の上に載せてみてはいかがでしょうか?

かなり難しいと思います。笑

ふらふらしながらも、ビール瓶を落とすと割れてしまうという恐怖から集中力はいつもに増してきます。

「アンジャネアーサナ」

いつものアンジャネアーサナにビール瓶をプラスすると?

ポーズ自体はいつもと変わらないのですが、上へと伸ばした手にビール瓶を掲げてみる。

腕の筋力アップにも効果的です。

あとは、口でビール瓶をくわえてみたり、手に持ったり、膝に乗せてみたりと・・・

アレンジはさまざまです。

ヨガのポーズを取っていて、ここにプラスできるんじゃ?と思うことがあればどんどん実践してみてくださいね。

太陽礼拝を「ビール礼拝ポーズ」として、みんながビールに向かってポーズを行う写真をみたときは笑ってしまっちゃいます。

でも、きっとビールヨガをされているみなさんは真剣そのものなんです。笑

まだまだこれがビールヨガ!というものは、ポーズも確立していないからこそ楽しめる余地はたくさんあるはずです。

是非、いろんなポーズで取り入れていってみましょう。

ただし、ビールの飲みすぎとビール瓶の破損などは十分に注意して取り扱ってください。

ビールヨガに参加した人の感想

わたし自身はビールがあまり好きではないので、参加したいか?と聞かれたら少し悩んでしまいますが、楽しいという面では興味深いですね。

実際にビールヨガに参加された方はどのような感想を持っているのでしょうか。

なんと!!ビールヨガのインスタグラムもあるようです。

英語ばかりだったので訳すことができませんでしたが笑、写真はとてもみなさん楽しそうです。

そして、日本でも鹿児島県にあるお茶屋さん「下堂園」でビールヨガ教室が開催されていたようです。

こちらでは自社のお茶を使ったクラフトビールブランドを展開しているため、その一環でビールヨガが行われています。

感想としては、心も身体もぽかぽかとし、リラックス効果が得られたようです。

写真もみなさん、大好きなビール片手で幸せそうです。

おわりに

ビールヨガを聞いたとき、始めは”えっ?”と驚きでしたが楽しそうにヨガする姿を拝見すると、ビールヨガもありだなって思いました。

ただ、ヨガを行うと代謝が良くなってしまうためアルコールのまわりも早くなってしまう可能性が高いです。

そしてアルコールの利尿作用により、トイレが近くなるため、脱水症状を起こす原因にもなりかねません。

そういった、リスクも考慮した上でビールとヨガを楽しむ空間というのはとても大切な気がします。

なんでも節度を守ってですね。

これを飲むと…、~を食べると…、~すると…というように、あなたなら何をしているときがリラックス状態や幸福度合が上がってくるのかを考えてみてください。

もしかするとそれが○○とヨガにつながっていき、世界中でヒットする可能性もありますよ。

-ヨガその他

Copyright© ホットヨガstyle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.