ヨガグッズ

ヨガマットのレンタル方法と選び方のポイントをご紹介!

更新日:

ヨガを始めるにあたって準備をするものはいくつかありますが、その中でも大物なのがヨガマットです。

種類もカラーも豊富にあり、どんなものを選べばいいのか迷ってしまいます。

始めたばかりの頃は、せっかく買ったけどヨガをずっと続けられるか心配、ということもありますね。

また、お仕事帰りにヨガスタジオに通う場合はなるべく荷物を減らしたいので、大きな荷物となるヨガマットはできればレンタルしたいところです。

そんな方におすすめの、ヨガマットをレンタルできるサービスやヨガマットの上で使える便利なアイテムがあります。

ヨガマットのレンタル業者や選び方、レンタルする上で気をつけたい事などを細かくみていきましょう!

ヨガマットがレンタルできる業者

マンドゥカ(manduka)

高級なヨガマットとして人気があります。

ヨガマットのレンタルは、最短3日~最長6か月までと期間が選べるのがポイントです。

また屋内用・外ヨガ用など、使用場所によってマットの種類があり、厚みも4mm~6mmの中から選べます。

価格は1,500円~14,720円となっており、別途、送料や延滞料などがかかります。

ヨガワークス(Yoga Works)

ヨガマットをはじめ、ヨガに関連する商品が豊富に取り揃えられています。

しかし、ヨガマットのレンタルは複数枚からとなっているため、企業向け・個人がおこなっているヨガ教室向けとなっています。

ヨガマットがレンタルできるスタジオ

全国に色々なヨガスタジオがありますが、ヨガマットがレンタルできるところはたくさんあります。

ホットヨガスタジオLava

スタジオ数が全国420店舗以上と、ホットヨガの中では最大手のスタジオです。

ホットヨガは、全30種類以上のプログラムが豊富に用意されています。

ヨガマットの貸し出し:無料

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

全国に60店舗以上展開している女性専用のホットヨガのスタジオです。

5つの基本プログラムがあり、目的に合わせてホットヨガやピラティス、エクササイズなどを選ぶことができます。

ヨガマットの貸し出し:無料

スタジオヨギー

全国26店舗展開のヨガスタジオです。

ヨガ、ピラティスに加えてビューティ・ペルヴィス(骨盤調整)のプログラムがあるのが特長です。

ヨガマットの貸し出し :無料

 

大手のヨガスタジオは、どこも無料でヨガマットを借りることができます

お仕事帰りに手ぶらでスタジオに通えるのは大きなメリットですね!

レンタルする時のヨガマットの選び方

厚さ、サイズ、色など様々な種類があるヨガマットですが、レンタルをする時にはどのようなものを選べばよいのでしょうか?

選ぶポイントとしては、大きく分けて2つあります。

厚さ

ヨガマットの厚さは1mm~12mmと、幅広くあります。

選び方のポイントは、どこで使うのか・どんな感触がよいか、という点です。

一般的に市販されているものやレンタルされているものは、3mm~5mmの厚さのものになります。

クッション性、重さ、安定感のバランスが取れているため一番おすすめです。

サイズ

一般的なヨガマットのサイズは、長さ約180cm、幅約60cmです。

男性や大柄な方は、もう少し大きめのマットもおすすめですが、ヨガスタジオによってはマットを置くスペースが決められているところも多いので、サイズ選びは気をつけたほうが良いでしょう。

レンタルしたヨガマットは清潔?

レンタル業者やヨガスタジオで借りるヨガマットは、きちんとお手入れされているものが多く、顕著に汚れているといったことはありません。

ヨガスタジオでレッスンが終わったあとは、みなさんウェットティッシュやアルコール除菌スプレーなどで拭いてから返却します。

しかし、それでもヨガスタジオのマットは多くの人に毎日使われているものなので、劣化が激しく中には質のよくないマットもあります

さらにホットヨガスタジオは汗を大量にかくので、菌の繁殖などの心配もあります。

直接マットに触れないように手持ちのタオルを敷いて使用する方もいますが、様々なポージングの中でタオルを敷くと滑りやすく危険があります。

また、タオルの大きさがヨガマットのサイズに合わず、全てをカバーすることが難しいです。

そこで、レンタルしたヨガマットを快適に使用するためにおすすめのアイテム『ヨガラグ』があります!

レンタルしたヨガマットにはヨガラグを敷こう

ヨガラグとは、ヨガマットの上に敷く薄いタオルです。

ヨガラグを使うメリットはたくさんあります。

 

レンタルのヨガマットに直接触れなくて済む

お洗濯ができるので衛生面で安心

マットの上に敷くことで滑りにくくなるため、ポージングをしやすくなる

軽くてコンパクトにたたむことができるので持ち運びに便利

 

レンタルのヨガマットを使う最大のデメリットは衛生面の不安ですが、ヨガラグを使えば不安はすべて解消されます

小さくたたんで持ち運びができるので、平日のお仕事帰りも少ない荷物でヨガスタジオに通えますね。

ヨガラグは綿100パーセントや化学繊維など素材によって質感が変わるので、どの素材にするかを考えて選ぶのも良いです。

また、ヨガラグはカラーバリエーションも豊富です。

様々な色柄があり、自分だけのお気に入りのデザインを見つけて気分良くヨガをおこなうこともできます。

自分にぴったりのヨガマットを選びましょう

ヨガマットは道具の1つですが、こだわって選べばよりヨガに集中して取り組むことができます。

また、ヨガラグなどの便利なアイテムも使って、日々のヨガをもっと気軽に楽しみたいですね

-ヨガグッズ

Copyright© ホットヨガstyle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.